|ウエルズ|保険代理店|若狭瓜割|福井県|鯖江市|自動車保険│火災保険|生命保険|天然水|ふくいのおいしい水|名水百選

 

損害保険の必要性

 

「自動車保険」は、車に乗る人の最低限マナーです。

「自動車保険」は、車に乗る人の最低限マナーです。
 
高額な補償から示談交渉まで

福井県は、自動車(自家用乗用車(登録車と軽自動車))の1世帯当たりの保有台数が全国第1位であり、交通事故も決して少なくありません。

自動車事故が起きるとケガの治療費や自動車の修理費、さらに、もし被害者の方がお亡くなりになった場合、遺族への賠償も発生することになり、経済的負担はとても大きなものとなります。その経済的な面での確かな備えを準備するのが、自動車保険の大切な役割です。

また、保険金の支払いにより加害者の賠償資力を確保するばかりでなく、対人・対物賠償事故において損害保険会社による示談交渉サービスを提供しており、交通事故による被害者と加害者との紛争の解決においても極めて重要な役割を果たしています。

資料は、警察庁「平成23年中の交通死亡事故の特徴及び道路交通法違反取締り状況について」による)

 

 65歳以上の高齢者の死者数・事故が増えています。
高齢歩行者や高齢運転者標識を付けた車、高齢者の乗った自転車には十分に目を配り、保護する気持ちをもって運転しましょう。
 
 

「自賠責保険」は強制保険です。

すべての自動車は、自賠責保険を締結しなければいけません。

また、運行するときに自賠責保険証明書を携行しなければなりません。

 

 

安全運転のポイント

 

「火災保険」は、火災だけでなく、災害からも守ってくれます。

「火災保険」は、火災だけでなく、災害からも守ってくれます。
 
家を守ることは、家族を守ること
台風などの災害にも安心です
自分の家から火災は起こさない、近所の火事で自宅が燃えてしまっても損害賠償を請求するから大丈夫、という人がいますが、約9分に1件もの割合で火災が発生している社会において、自分だけが絶対に火災を起こさないとはいいきれません。また、隣家からのもらい火で自宅が焼失しても「失火の責任に関する法律(第4編第1節参照)」によって、多くの場合、火元の損害賠償責任が免除されるので、火元からの損害賠償を期待することはできません。
失火に備えるという意味でも、もらい火に備えるという意味でも、火災保険の役割は大変重要です。
さらに、火災保険は火災だけでなく、雨などによる浸水被害(水災)や、台風、竜巻などによる風災などの自然災害も補償します。最近の異常気象で、ゲリラ豪雨、台風上陸、大雪などにより、被害は年々大きくなっています。そういった事態でも、火災保険で、私たちの家屋や家財を守ることができ、しいては家族の居場所を守ることができるのです。
 
  
取扱引受保険会社 
 
 
<<募集代理店◆ウエルズ株式会社◆>> 〒916-0016 福井県鯖江市神中町1丁目5-8 TEL:0778-52-1106 FAX:0778-52-2104
おいしいから飲み続けられる「瓜割の水」をぜひご家庭でお楽しみください。